宇佐見博志 オフィシャルサイト

Copyright © 2017 グレート・ターニング Reconnects

3つの企業研修
業務改革
  1. 将来の変化・ニーズを予測して、先読みする業務改革とは何かを理解する。

  2. 顧客のニーズと会社のニーズの両方を理解し、業務改革の目的・ゴールを設定する。

  3. ワークショップで、現行の業務プロセスを書き出し、問題点を分析し、改善点を考える。

  4. 改善された新しいプロセスを定着させ、日々の業務の中で継続的に業務改革を行う。 

<P&G社内公式トレーナーの経験あり>

 
モチベーションアップ
(4つのエネルギー管理)

一般に「時間管理」と言われるが、本当に成果を出すために必要なことは「エネルギー管理」。

フィジカル(身体)・エモーショナル(感情)・メンタル(頭脳)・スピリチュアル(精神)の4つのエネルギーをうまく管理することで、仕事で継続的に実績をあげるようになり、一方で、豊かな人間関係を築き、幸福な家庭生活を送れるようになる。

ビジネス界のリーダーを数多く輩出するP&Gの中で、最も優先度が高いトレーニングとして位置づけられていた、モチベーションアップやリーダーシップ養成にもつながる研修。

<P&G社内公式トレーナーの経験あり>

 
リーダーシップ

リーダーシップとマネジメントの違い、いつもの聴き方(思い込み)、物語の力を理解する。「起きたこと」と、起きたことについて「自らが語るストーリー」とを混同する悪循環から抜け出す。今この瞬間の自らのあり方をシフトさせる。恐れと不安を手放し新しい可能性を創り出す。トランスフォメーション(出現させる・発明する)で、既存の観点や限界の枠の外で物事を考えることを可能にし、自分自身と現実を自らが再定義する力を持つ。

 
事例紹介

「決算業務になぜ時間がかかるのか?」をテーマに、決算業務・月次プロセス、ツール・技術の活用、スタッフの意識・知識・経験の面で、何をしていけばよいかを話し合い、明確にしました。話し合いをまとめた模造紙は会社の壁に張られ、今後はプロジェクトとして進めていきたいということです。

<参加された社員の声>

「目的に対して何をどうするか、改善するためにどうすればよいかということを考えるキッカケになり、また...

Please reload