宇佐見博志 オフィシャルサイト

Copyright © 2017 グレート・ターニング Reconnects

NPO法人「セブン・ジェネレーションズ」(以下SG)の代表理事として、新しい分野に取り組んでいます。

 

SGは、アメリカの先住民が七世代後の子孫に与える影響を考えて意思決定をするという風習に基づきネーミングされました。SGのミッションは、「持続可能で公正な未来を実現するために、目覚め続ける世界市民のコミュニティを育む」ことです。

チェンジ・ザ・ドリーム

現在の活動の柱のひとつは、「チェンジ・ザ・ドリーム」(以下チェンドリ)というシンポジウムを提供します。チェンドリの目的は、「地球上のすべての人が、環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的に充足した世界を実現すること」です。経済が発展しお金がもっと得られるという「現代社会の夢」により、環境や格差・貧困の問題、幸せ感が低いという問題が起こることを認識し、「新しい夢」を描いていくプログラムです。

リン・ツイスト*たちが、1995年にアマゾンの先住民アチュア族を訪れ、彼らの呼びかけにより2005年に創作されたプログラムがチェンドリ(USでは、”Awakening the Dreamer”と呼びます)で、世界では22万人、日本では4000人以上が参加しています。

*Lynne Twistは、世界的な活動家・資金調達の専門家で、“Soul of Money”という本を書いています。(日本語訳本「ソウル・オブ・マネー」)

 
ゲームチェンジャー・インテンシブ(GCI)

ゲーム・チェンジャー・インテンシブ(GCI:Game Changer Intensive)とは、持続可能な未来づくりに取り組む世界的なコミュニティパチャママ・アライアンスが開発した「世の中を変えていく者(= Game Changer)のための集中講座(= Intensive)」です。

セブン・ジェネレーションズでは、日本語で参加できるようなサポートを提供しています。

私たちがフルに自己発揮・自己表現することを妨げている構造や枠組、システムに取り組むための力を与えるプログラムです。私たちがこれまで持ってきた無自覚な前提、現代社会の夢から目覚めた人たちが、自分自身や社会のあり方を深く見つめ、自分達にとって何ができるかを一緒に考えていきます。

ファシリテーター・トレーニング

チェンジ・ザ・ドリームシンポジウムの3つの柱「環境的持続可能性、社会的な公正、精神的充足」を満たす新しい物語である「この世界は繋がっている」という物語からあり方を深め、行動するためのプログラムになっています。全国で、250名以上のファシリテーターが誕生しています。

南米アマゾン訪問ツアー

エクアドル熱帯雨林を訪問するツアーを実施しています。

チェンジ・ザ・ドリームシンポジウムの発祥の地とも言える、赤道直下の国、南米エクアドルの熱帯雨林の奥深くにある、先住民アチュアル族の村を訪ねます。 

「地球と共に暮らす」とは一体どういうことか。アチュアル族の長老やシャーマンから直々に学ぶ機会です。また、熱帯雨林に入る前後はアンデス山地も訪れます。 アンデスの美しい景色を見ながらのハイキングや先住民のマーケット、火山帯を源とする温泉、ケチュア族のシャーマンによる儀式への参加など、稀有な体験の連続です。 

アチュアルの夢 自主上映会

豊かな生命を育む熱帯雨林の奥深くで、大自然と共存する伝統的な暮らしを続けて いる先住民族「アチュアル族」。夢にもとづく文化を持つ彼らは、1995年に現代社会へ向けて警鐘を発しました。それは、世界的活動家リン・ツイストによる「パチャママ・アライアンス」の創設 と、環境的に持続可能で、社会的に公正で、精神的にも充足した世界を実現する 地球規模の活動「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」へとつながりました。

2016年10月、その起源であるアマゾンの秘境を、私も含めて訪問しました。

アチュアル族の精神文化、私たち日本人がそこで受け取ったメッセージを映画「アチュアルの夢 アマゾンから現代社会へのメッセージ」でご覧ください。

 
 
 
 
その他、様々なプログラム

セブン・ジェネレーションズでは、様々なイベントを開催しています。